幸せな家庭づくりのための統一教会人のブログ

結婚相手を探す人、円満な家庭をつくりたい方、子育てを良くしていきたい方のためのブログです

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

父性回復(2)

父性喪失時代に如何に、父性を回復できるかを我々は深刻に論議して見る必要がある。

男性は家族のために、必死に働く。特に、日本では何らかの仕事に頑張ることへの社会評価は高いようだ。ゆえに、家族の一員に「私はあなたたちのために、命懸けて頑張っているんだ。ゆえに私の言うことを聞かないと!」いうになり勝ちである。それで、酒のタバコも、家族のことは注意を払わずやり続ける。

時には、価値判断も父親の考えを押し付けるように場合もある。その場では、家族が屈服しるかも知れないが、心には不満の思いが残る。いずれ、父親が力が弱まったら、無視されるようになる。一言で、父親が家族から尊敬されないと、家族の秩序は立たない。「家族を守るために頑張ったので、私に尽くしてくれるのは当たり前だ!」と思い、父の気ままの行動や家族が嫌がる行動を取ると、家族の心から離れるようになる。そすると、家族の中の孤独を味わうようになる。

数年前、韓国で「アボジ(父親)!」という本が発刊され、映画化された。ある政府機関の局長の父親が毎日帰りは酒に晩翠、妻から、娘からも嫌がられる。やがて、物置の部屋が与えられる。娘からは「お父さん、大嫌い!」等の衝撃的な発言も聞く。いつか、友人の病院で検査したら、末期癌と判明される。数ヶ月後に自分は、死ぬ。残りの機関、妻のために、パンやさんでも出してあげるつもりで物件を探し回る。その内、入院する。妻、子供たちが担当医から、病状を聞き驚く。特に、娘は大きく反省の涙を流す。家族が、見守る中でお父さんは亡くなって行く。筆者は自分と似ている感じて何度も泣いた。

父性は何んだろうか?一言で「慈愛美」ではかろうか?
妻を、子供を慈しんで守ってあげ、配慮してあげ、可能性を伸ばしてあげるこどだ。


こうなる為には、自らを省みる心懸けが必要であろう。
主君のように君臨する父親ではなく、僕として家族に奉仕する父親象が必要な時代だ。
命令する姿より、体で見せる姿が尊敬を呼んでくるんではないだろうか。
            
                                   -統一教人 深海拝-


にほんブログ村 家族ブログ 家庭・家族へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

亮

Author:亮
韓国人、妻は日本人
1992年に統一教会の
国際合同結婚に参加し、
子3人(中、小)を育てながら
東京で幸せな家庭を築いて行く途中!

※写真は、2007年1月、萩の松蔭神社で

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

右サイドメニュー

FC2カウンター

訪問して頂き、有難う~ございます。 貴方に幸せがありますように・・・!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。