幸せな家庭づくりのための統一教会人のブログ

結婚相手を探す人、円満な家庭をつくりたい方、子育てを良くしていきたい方のためのブログです

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

父性回復(3)-夫の美

今日は、父性回復の三番目として、夫の美に対して考えて見たい。
普通、男性と言えば女性に比べて、「力、行動力、度胸、責任感、正義感、保護本能がある」と言えるでしょう。

反面、女性に比べて問題点もあります。「自己中心、欲張り、率直さが足らない、道徳性・清潔感の欠如、諦めが早い」等が挙げれると思います。父性喪失の原因は、男性の弱さにあります。妻からは夫として頼もしくないので、妻が夫を煽てできず、子供も父親を軽んじてしまいます。

このような現代(日本)社会の男性の弱さの原因は、その男性が親から十分な愛を受けて成長できなかった所にあります。特に、多くの場合、夫は妻から母性的愛を求めます。父性の欠如の根底には、母性愛の欠如があります。筆者は、仕事関係で多くの日本人と向き合ってきましたが、幼い頃、母性愛を受けられなかった男性は、お年になってもそれを求めていることが解りました。いわば、愛情の穴があれば、一生の間にそれを埋めた、心が潜在して妻への甘える形として現われ、場合によっては他の女性にその母性愛を求めるようになります。

しかし、残念にも、日本人には母性も欠如しています。武士時代にも多くの男性(父、夫、息子)を失い、第二次大戦でも多くの男性を失いました。母性は、父や夫からの頼もしい愛によって育まれる側面もあるでしょうが、女性は出産を通して自然と母性を持つようになると思います。

父性の欠如の裏側に母性の欠如! これは、日本社会の深刻な問題です。家族の根本が揺れているのです。父性回復のためには、妻が夫の母性愛を求める気持ちを良く理解してあげる必要があります。夫の生い立ちの中で、親からの愛情受けた状況を良く聞いておけばいいでしょう。

ここで、男性は「男性美」を育てるために努力するしかありません。欲に勝つ訓練、スポーツや積極的な人間関係等を通して、器、包容力、配慮の心を伸ばしていくべきです。性を買うことは極力避けるべきです。最高の男は性の誘惑に勝つことのできる男でしょう!

結論で、夫の美と言えば、「自らを律する、率直さ、命賭けの責任感、妻だけを愛する」ところにあると言えるでしょう。  
                                    -統一教人 深海拝-


にほんブログ村 家族ブログ 家庭・家族へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

亮

Author:亮
韓国人、妻は日本人
1992年に統一教会の
国際合同結婚に参加し、
子3人(中、小)を育てながら
東京で幸せな家庭を築いて行く途中!

※写真は、2007年1月、萩の松蔭神社で

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

右サイドメニュー

FC2カウンター

訪問して頂き、有難う~ございます。 貴方に幸せがありますように・・・!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。