幸せな家庭づくりのための統一教会人のブログ

結婚相手を探す人、円満な家庭をつくりたい方、子育てを良くしていきたい方のためのブログです

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

核家族生活で感じること

我が家庭は、家庭を持ち始めてから、ずっと核家族生活をしている。

しかし、自分の成長期には、3代家族の祖父母の下で育ち、陰陽で多くの訓育を受けてきた。幼少年頃の祖父母の小言のような教えが、今になって良く思い出す。
「まめに生きなさい。
 遊んでも親の仕事場近くで遊びなさい。
 善に生きなさい。善良に生きる人は良く暮らすことができる」等。

しかし、今、自分の子たちは、韓日両国の祖父母から、円熟な愛や生きた訓育を聞く機会がない。人々の人生において、幼少年頃に繰り返して耳に残ってる、教訓は人生に大きく影響する。

現代は産業の変化に伴い、どの国も核家族が多い。故、子供たちに祖父母の人生体験話や、愛のある訓育が足りない。そういう中で、親からの心に受け入れずらい躾が増えて来た。ので、子は反発して異常行動に出る。

ここに、現代家族の愛情・人生教育の欠如が存在する。勿論、大型年休には、祖父母に触れさせるのも良いだろうが、足りないのである。ここで、我々親の、祖父母のような円熟な愛の教育が必要ではないだろうか。

「藍は青から」とありますが、子が親の基準を超えることはそう簡単じゃないだろう。
自分の親は、毎朝、4時に起きて車にエンジンをかけて、5人の子の教育に25年以上も頑張ってくださった。自分は、まだまだ足らない。

反省の日々である。親の見本が立てないと、子に期待するのは無駄であろう。
                                      -深海-


One Click! 有難うございます。감사합니다.
にほんブログ村 家族ブログ 家庭・家族へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

亮

Author:亮
韓国人、妻は日本人
1992年に統一教会の
国際合同結婚に参加し、
子3人(中、小)を育てながら
東京で幸せな家庭を築いて行く途中!

※写真は、2007年1月、萩の松蔭神社で

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

右サイドメニュー

FC2カウンター

訪問して頂き、有難う~ございます。 貴方に幸せがありますように・・・!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。